夢か?幻か? 男性が迷い込んだ暗黒街の悪夢!!

07/15 12:11 投稿日時

カテゴリ:

IMG_1315[1]

 

新たな怪奇事件の情報を入手した!

7月7日未明、蒸し暑い夜にそれは起こった。

ある男性が仕事仲間と酒を飲んだ帰り、自宅近くでタクシーを降りたそうだ。一緒にタクシーに乗っていた仲間の証言では、男性はかなり酩酊した状態だったが、意識ははっきりとしていたとのこと。

男性は自宅へと向かったのだが、一瞬目の前が暗くなったかと思うと気が付いた時には、自宅がある所とは全く違う行ったこともない住宅街を歩いていたそうだ。歩けども歩けども知らない風景が続き、しかも深夜だというのに住人らしき人たちが薄暗い物陰からこちらをニヤニヤしながら見ているではないか!

「これは何かがおかしい!」

男性は酔いなどすっかり覚め、冷や汗をかきながら延々と続く見知らぬ風景を歩き続けたそうだ。実際にどれくらいの時間だったかは定かではないが、男性の証言では数時間は歩き続けた感じがしたという。

そうもしていると、突然背後から光が差した。振り向くとそれはタクシーで、男性の目の前で止まり、これ幸いと思いドアが開くやいなや男性は飛び乗った。行き先を告げても運転手は無反応のまま。そしてタクシーは走り出した。これで本当に助かったのか?と半信半疑のまま男性はそのまま眠るように意識を失ったそうだ。次に気が付いた時には、自宅のベッドの上で眠っていたらしいが、財布の中にはあの助けてくれたタクシーと思しき領収書が入っていたという。

果たしてこの事件の真相は? 異次元への扉が開いたのか? 実はUFOで拉致されていて、事件自体が別の星での出来事だったのか? それとも、亡霊うごめく暗黒の街に迷い込んだのか? 単なる男性の夢なのか?

我々SSPは、男性からさらなる証言を聞きだし、実際の街の特定など引き続き調査をつづけていく!

ザラブ・デスレム

SSPTシャツ

ページトップへ